『サロメチール』はココに効く!

スポーツに筋肉痛はつきもの。ましてや、日ごろ体を動かしていない人が急にスポーツをしたら、筋肉痛を起こしやすくなります。その程度は人によってさまざまですが、ひどい人は痛みが数日間も続いて日常生活に支障をきたすことも。そこで、筋肉痛の正しい予防と対策をしましょう。

予防のポイント 運動前のサロメチールとウォーミングアップで、筋肉痛にさようなら

筋肉痛を防ぐため、いきなり運動するのではなく、サロメチールによる血行促進や、筋肉を温めるウォーミングアップをするようにしましょう。

1〜2週間

●軽いランニングや準備運動
筋肉痛は、スポーツを行う1〜2週間前に体を動かすことによって、辛い痛みを予防できます。軽い動作を行うことで、より強い筋肉となって激しい運動にも耐えられるようになります。徐々に体が慣れてきたらだんだん強く動かしていきましょう。例えば、野球やゴルフであれ最初は軽く素振りから、振りを大きくしていきましょう。

当日

●スポーツ前は、、、サロメチールで血行促進
スポーツをする前にサロメチールで血行を促進することで、酸素量がアップし、スポーツ中に疲れにくくなります。さらに疲労回復効果で、スポーツの後も体が軽く、筋肉痛を抑えてくれます。また、サロメチールをすり込むことによるマッサージ効果でさらに効果が期待できます。

サロメチールお役立ち活用術へ

●スポーツ後は、、、軽い運動とストレッチでクールダウン
運動を急にやめると血液の循環が悪くなり、疲労物質がうまく排泄されなくなります。軽い運動とストレッチをすることで筋肉の活動を続けて、疲労物質を上手く体から追い出しましょう!

筋肉痛のケア 筋肉痛になってしまったら、、、

◆患部を冷却
特に激しく運動したとき、筋繊維が傷つき炎症を起こしています。このような場合、氷水などで15〜20分程度冷やすと、炎症を鎮めるのに効果的です。

◆マッサージ
適度なマッサージは筋肉をほぐして血行を良くするので、疲労物質が体から排泄しやすくなるので、筋肉痛に効果的です。また、筋繊維が傷ついているときの過度のマッサージは逆にいためてしまうので、お風呂に入ったときなどに痛みを感じない程度にやさしく行うのがよいでしょう。

◆入浴
血行をよくして、疲労物質を早めに体から排出するために、入浴で十分に温めると効果的です。あまり熱いお湯ではなく、40度前後のお湯にゆっくりとつかりましょう。

◆薬を使用する
血行を良くして患部の筋肉をほぐすタイプや筋肉や関節の痛みをやわらげるタイプの外用消炎鎮痛剤があります。また飲み薬では、神経に作用するビタミンB群や血行を促進するビタミンEを配合したもの、痛みがひどい場合には、鎮痛剤のリングルアイビーがおすすめです。外用剤と内服薬を併用するとより効果が高くなります。

サロメチール診断テストへ

「あなたは赤タイプ?青タイプ?」あなたのぴったりのサロメチールをしりましょう!

注)筋肉痛は、一般的に1週間から10日程度で回復します。それ以上痛みが長引く場合は、他の病気も考えられますので、整形外科医などに相談しましょう。
このページのトップ